キケン信号

交通事故の対策

交通事故を防ぐためにできる対策とは?

交通事故が発生すると罰金を払わなければいけないだけでなく、人の命を奪うことにもつながる危険があるので、事故を防ぐために一人一人が対策を行う必要があり、移動手段によって対策の仕方が変わります。
まず歩行者の場合には急に道を飛び出さないようにし、道を横断するときは横断歩道などを使い、左右から車が来ていないかよく確認をしてから移動します。
また道が暗いと車から人が見えにくくなるので、夜に暗い場所は行かないようにし、どうしても行く必要があるなら反射材を身に付けます。
自転車は車道の左側を通行し、夜間はライトを必ず点灯させます。
車道が狭く、移動が危険な場合には歩道を移動しますが、スピードが出ていると歩行者にぶつかりやすくなるので、歩行者を優先しながらゆっくり移動します。
雨や雪の時は道が滑りやすいので、移動が難しいなら乗らないようにすることも事故防止になります。
自動車の運転中はよそ見をせずに運転に集中をし、飲酒をした後や眠い時の運転は危険なので、その場合には一緒に行動している人に運転をお願いしたり、電車やバスなどの移動手段を使用します。
他にも制限速度や信号を守ったり、運転に自信があっても油断をしないことが大切です。

交通事故!そのときなにをするべきか

交通事故はだれでも遭いたくないものですが、万が一のときのためにいざというときのことをシュミレーションしておくと、もしものときにも慌てずに対応することが出来ます。
また、自分が注意していても、相手にぶつかられたり、天候などでスリップするなど突発的な事故もありますので、逸事故に遭うか分からないという気持ちで日ごろから運転したり、行動したりすることが必要です。
もしも、事故にあってしまったらどうしますか。
一番大事なのは、安全を確保することです。
怪我の具合などを確認し、安静な姿勢をとったり、応急処置をします。
命に関わる場合もあるので、人工呼吸などの手順も学んでおきましょう。
蘇生のためには、現場近くにAEDがないか調べましょう。
公共施設やスーパーなどには設置されている場合があります。
また、忘れがちなのが、後続の事故を防ぐため、移動することです。
あわてて道上に立ちつくしたままだと、後ろから来た車などがさらに事故に巻き込まれたり、車にひかれる危険性があります。
すぐに安全な路肩などに避難しましょう。
そして、110番と119番に通報し、助けを待ちます。
この間、相手側の連絡先を聞き、保険会社にも連絡しましょう。

交通事故の対策

慰謝料と裁判

弁護士に相談する

事故時の連絡

自転車の交通事故

お問い合わせ

『交通事故』 最新ツイート

@mocky651

@Kinos_1207 愛知交通事故しか特徴ないじゃん

1分前 - 2015年07月28日


@Reysyu

「Bioethics」 二年前にリメイク済。ある日交通事故に遭って家族を喪った少女が、違法な獣人研究の実験体にされるというあらすじ。 pixivに第一話読み切り漫画置いてます。シリアス且つ倫理的に胸が抉られるような内容にしたいなーと #140文字以内で自創作話の内容ザッと説明する

1分前 - 2015年07月28日


@ryou_omoi

☆キスの効果☆ ・キス1回でモルヒネ10倍の鎮痛効果 ・ストレスの1/3解消 ・キス1分間で6.4カロリー消費 ・出勤前にキスをしてから家を出ると欠勤率が低く、交通事故に遭う確率も低い。 収入も25%高く、寿命は5年長いそう。

1分前 - 2015年07月28日


Copyright(C) 2009 のびのびリンク All rights reserved.