キケン信号

自転車の交通事故

自転車は交通事故に気をつけて運転しよう

自転車は、交通事故にしっかりと気をつけて運転する必要があります。
歩道できるだけ走るようにしたいところですが、どうしても混雑してる時は道路に出てしまいがちです。
できればそういう時は道路に出るのではなく、自転車から降りて押すように歩道を歩くようにしましょう。
そうしたほうが、自分の身を守ることにもつながります。
急いでいるというふうに文句を言う人もいますが、そもそも急がなければならない状況で自転車をこぐのではなく、余裕を持って家を出るようにすれば良いだけの話です。
違法駐車等も最近ではよく見られるようになったので、そういったことだけは絶対にやめるようにしましょう。
楽しく、そして快適に乗り回すことができるのは、マナーもある大人だけです。
交通事故を起こしてしまうと、自分が不幸になるのはもちろん、周りにも迷惑がかかります。
そういった悲しい結果にならないように、普段からきちんと頭に入れて、規則正しく乗り回すようにしましょう。

自転車でもきをつけよう!交通事故

交通事故になりかねない危険な自転車の運転を規制するため、道路交通法が改正されました。
これで危険な運転をした場合は、違反になり、講習を受けることなどが義務づけられています。
自転車は、車にひかれるなど被害者になることが多いと思われていますが、スピードを出して走る自転車に歩行者がぶつかり、亡くなってしまうなどの事故も起きています。
ひとごとと思わずに、つねに事故が起こるかもしれないと考えながら回りに配慮することが重要です。
具体的には、ヘッドホンをしたり携帯でしゃべりながら走行しない。
これは回りの音や信号、クラクションなどが聞こえなくなるうえ、集中力が散漫になるので危険です。
また、雨の日のかささし運転や、手に荷物を持ちながらの運転も、ハンドルを取られたり、風にあおられたりして転倒するおそれがあります。
なるべく雨がっぱや、外出を控えるなどの対策が必要です。
また、万が一のために保険に入っていると安心です。

pickup

カラコンが激安
http://www.queenslens.com/

2015/12/17 更新

交通事故の対策

慰謝料と裁判

弁護士に相談する

事故時の連絡

自転車の交通事故

お問い合わせ

『交通事故 自転車』 最新ツイート

Copyright(C) 2009 のびのびリンク All rights reserved.