キケン信号

事故時の連絡

交通事故での連絡について

交通事故は加害被害どちらの場合にも連絡を忘れないようにすることが重要です。
基本的には家族や親族など身元を確認できる相手や保険会社といったものが挙げられますが、まず最優先で行うべきは警察です。
警察の検証や書類がないと保険の支払いも出来ませんから、どちらの側であっても困ったことになるからです。
第三者が到着するまでは物証となるものは触らず、周辺の邪魔にならないようにしながら全体の記録を取っておくようにすると後々のトラブルを避けるためにも役立てられます。
特に当事者同士が言い争ったりその場だけでの謝罪などが起きたという時には、それらの言質について裁判などで問題になる場合もあるため、余計な接触は避けることや何らかの衝突がある時には記録を取っておくこと、お互いにけがをしている時にはすぐ救急の通報も併せて行っておくといった事も必要です。
気が動転しやすい状況だからこそこのような冷静な対応をすることが必要になります。

交通事故の時の連絡方法

自動車社会である以上、交通事故は宿命であると言えます。
起きないにこした事はないのですが、万が一交通事故をおこしたり、おこされたりした時は、どこにどのような手順で連絡したら良いでしょうか。
まず最初にケガ人がいる場合はまず救急車を呼び、早急に病院へ搬送してもらいます。
ケガ人がいない場合は警察を呼びます。
警察官が来るまでは示談したらいけません。
その理由は、示談したらのちに保険会社が間に入る事が出来なくなるからでです。
警察官が来たら事故の状況を確認し、事故証明を発行してもらい、警察官立会いのもとお互いの連絡先を交換し、最後に保険会社を呼びます。
保険会社は事故の状況等を正確に把握し、相手方の保険会社との交渉を開始します。
保険会社が動き出したら基本的には自分で相手方に連絡する事はなくなります。
万が一相手方が任意保険を契約していない場合でも契約によっては、弁護士に依頼し相手との交渉や裁判を行う事になります。

Favorite

リーダーのコーチング研修
http://www.coaching-syst.co.jp/

最終更新日:2016/11/24

交通事故の対策

慰謝料と裁判

弁護士に相談する

事故時の連絡

自転車の交通事故

お問い合わせ

『交通事故 連絡』 最新ツイート

Copyright(C) 2009 のびのびリンク All rights reserved.